「C型肝炎治療薬は高額!」その常識を覆す薬「ヘプシビル」

「沈黙の臓器」
この言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?
それは、肝臓です。

肝臓の位置


肝臓は血液中のたんぱく質の量を維持したり、血液を固めるのに必要なたんぱく質を作り出す働きをしています。栄養分の貯蔵や体にとって不要なアンモニアを分解して無毒化にする機能を持っていたりと、人間の体にとって、とても重要な臓器なのです。肝炎によってこれらの機能が低下すると、生命維持につながる大きな弊害となります。

C型肝炎の国内患者数は、全国でおよそ100万人~200万人ともいわれています。
まさに21世紀の国民病とも言えます。
しかし、肝臓は予備能力が高く、自覚症状がないまま病気が進むことがあり、
そのため、常日頃からの定期健診が何よりも大切です。

C型肝炎はウィルス(HCV)によって引き起こされる病気です。ウィルスによって細胞が破壊され、肝臓の働きが悪くなっていくのです。初期症状は、ほとんどありませんが、放置しておくと、長い経過のうちに肝硬変や肝がんに進行しやすいことで知られています。

従来日本では、インターフェロンという薬を注射する治療方法が一般的でした。
しかしインターフェロンは日本人に多いC型肝炎の型にはあまり効かないだけでなく、強い副作用や合併症のリスクが高いことが問題視されていました。

インターフェロンでの治療


そこでインターフェロンを使わない治療「インターフェロンフリー」の治療法が注目されたのです。日本でも2014年9月からインターフェロンフリー治療が行われるようになり、現在では、約95%以上の人でウイルスを体内からなくすことが可能となっています。

インターフェロンフリー治療の中核を成すのが「ソホスブビル」という薬です。

肝炎ウィルスには遺伝子型(ジェノタイプ)があります。ソホスブビルは日本人のC型肝炎の70%を占めるジェノタイプⅠ型を始め、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型にも効果があると分かっています。また、ソホスブビルをⅠ型のC型肝炎患者に処方したところ、97.7%の患者に著明なウイルス駆除効果が見られ、さらにインターフェロンでの治療が困難だったC型肝炎患者にも効果が見られました。また、これまでさまざまな合併症でインターフェロンが使えなかった患者さんでも安全に治療ができるようになったのです。

まさに多くのC型肝炎患者に大きな光が差したと言えます。
しかし、ここで問題なのが、その価格です。
ソホスブビルは米国ギリアド・サイエンシズ社が開発した非常に効果のある薬ですが、なんと!1錠10万円近くもするのです!
1日1錠服用すると、12週間続けるのに840万円もの大金が必要になるのです。よほどのお金持ちでなければ手が出ません。

ところが、朗報があるのです。
なんと!ソホスブビルにはジェネリック薬があるのです!
それこそが「ヘプシビル」です。

ヘプシビル


ヘプシビルは、ソホスブビルの開発元であるギリアド・サイエンシズ社よりライセンス提供を受けたインドのジェネリック製造大手、シプラ社が製造する薬です。ヘプシビル1錠にソホスビルはは400mg含まれており、効果が同じなのです。ギリアド・サイエンシズ社の低所得者層への優遇措置の基、インドでは本来の10分の1の価格で廉価発売されています。でも日本は優遇措置の対象外であるため安く手に入れることができません。
日本のC型肝炎患者の中にも高い医療費に圧迫され、生活に苦しんでいる人は多いはず。なんとか安くヘプシビルを手に入れたい!
答えは1つ。「個人輸入」です。
個人でヘプシビルをインドから安く輸入すればよいのです。

そうは言っても個人輸入を「なんだ、簡単だ!」とすぐできる人は多くないでしょう。
そこで是非利用したいのが、個人輸入代行サービスです。

正規品を安心・格安で入手できる個人輸入代行サービス


医師の処方箋不用
医師の処方箋がなくても、気軽に目的の薬を取り寄せることができます。


正規品なのに価格が安い
海外の薬を直接個人で買うのですから、価格はもちろん安く済みます。
しかも、正規品を安く購入することができるのです。


専門知識不用
輸入にまつわる専門的な書類の作成ややり取りは、すべて代行業者のプロが請け負ってくれから安心です。あなたは日本で、薬の到着を待つだけです。


正規品を安心・格安で入手できる個人輸入代行サービス
今すぐクリックして始めよう!